「化学反応をとらえた映像」が時間を忘れる美しさ…画面に表示される「元素記号」もイイ感じなのです

視覚からリラックスするためのアンビエント映像は、この世に数多く存在します。わたしは心地よい音楽をバックに花火がゆっくりと上がってはじけては消えてゆく、ただそれだけのDVDを持っているのですが、たまに眺めては癒されているんですよね……。

今回紹介する映像作品も、考えようによってはアンビエント映像と呼べるのかも?

科学教育のためのコンテンツ制作のため、2016年に創立された団体「Beauty of Science(BOS)」が動画サイトVimeoに投稿したのは、化学反応の美しさをとらえた映像作品の数々です。

【身近な事象なのだけど「別世界」】

「BOS」を率いるヤン・リャン(Yan Liang)さんがプロデュース、ウェンティン・ジュー(Wenting Zhu)さんがカメラマンを務めた化学反応映像シリーズ「Envisioning Chemistry(描く化学)」は、まさしく “異世界” 。想像をはるかに超える、繊細で美しい光景が収められています。

【わたしは「気泡」が好きです】

ラインナップは「電着」「沈澱」「気泡」、そして「金属置換」。4種類の化学反応の様子を撮影した映像です。

金属の結晶が出来て、少しずつ大きくなっていく様子がまるで雪の結晶のように見える「電着」や「金属置換」、クラゲを見ているのかと錯覚する「沈澱」も魅力的なのですが、わたしがもっとも癒されたのは「気泡」。

泡がプクプクと生まれていく様、その周囲を包む水の流れをぼ~っと眺めているうちに、気がついたら映像が終わっていました。

【ぜひ大画面でご覧ください】

これらすべて、部屋の照明を暗くして大画面で観たら、最高のやつ~! 時折出てくる「元素記号」も、演出上、イイ仕事しているんですよね。雨の日や真夜中など、お部屋にこもって鑑賞するにはもってこいですよ~♪

参照元:VimeoBeauty of Science
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ジブリキャラが現実世界にいたらこんな感じ!? トトロが、千尋が、パズーとシータが、日本や韓国の景色に違和感なく溶け込んでいます

もしもスタジオジブリのキャラクターたちが、現実世界に存在していたら。そんな妄想を具現化させた映像が、動画サイトVimeoに投稿されていました。

韓国・ソウルを拠点に活動するKOJERさんが手がけた作品『Studio Ghibli in Real Life』には、ジブリ映画に出てくるおなじみのキャラクターたちが次々登場します。

久石譲さんによる名曲『One Summer’s Day(あの夏へ)』をバックに、イキイキと動き、おしゃべりをする姿にきっとあなたも目が釘付けに。およそ3分間に渡る作品を見終わった瞬間、すっかり心癒されていることに気がつくはずですよ♪

【背景は日本と韓国で撮影されたもののようです】

冒頭、『崖の上のポニョ』のポニョが水面を走り抜け『もののけ姫』のシシ神様が登場するシーンは、広島県にある厳島、通称「安芸の宮島」です。

その後出てくるシーンには所々にハングル文字が映っているので、おそらくロケ地は韓国

『ハウルの動く城』のお城や『となりのトトロ』のトトロたちが空を飛び、『千と千尋の神隠し』の千尋が電車に乗り、『耳をすませば』の雫と聖司が自転車で坂道を上り、『紅の豚』のポルコ・ロッソが川辺に佇む光景は、この世に存在しないはずなのに現実味を帯びているから不思議なんですよね。

【現実の風景に違和感なく馴染んでる!】

言わずもがな、ジブリキャラはアニメ。にもかかわらず、現実にある風景にしっくりと馴染み溶け込んでいるという事実に、ちょっぴり衝撃を受けます。

違和感を感じないということはつまり、ジブリがそれほどまでに作画にこだわっているということ。そのことを気づかせてくれたという意味でも、こちらの作品は必見です。

【お気に入りのシーンを見つけてみてね】

ちなみに個人的にジワジワきたのは、『天空の城ラピュタ』のパズーが人工に作られた池の中をのぞいて「街だぁ……」とつぶやいているシーン。また作品を超えてジブリキャラたちが共演しているシーンもたまらないので、ぜひとも注目してみてください☆

参照元:Vimeo
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら