VIO脱毛している「ハイジ男子」が増えているですって! 毛の処理や脱毛経験のある男性にメリット&デメリットを聞いてみた

以前 Pouch でお伝えした、アンダーヘア(VIOゾーン)を脱毛する “ハイジ男子”

男性の医療脱毛専門院「メンズリゼ」が都内に住む20~40代の男女331名を対象に行った調査によれば、「アンダーヘアのケアをしている」と答えた男性はなんと全体の約7割

興味深いことに、年齢別で見ると40代の割合がもっとも多く(20代65.5% / 30代61.8% / 40代74.5%)、意識革命が起こっている模様。

どんどんその数を増やしていっているように思える、 “ハイジ男子” 。しかしわたしはまだ1度も、出会ったことがないんです。本当に男子もアンダーヘア、意識してるの??

【ハイジ経験のある男性に話を聞いてみた】

ハイジ男子を探したところ……いました! 男性の名前は、ロケットニュースの田代さん(31歳)。

ヨーロッパ出身の恋人がいるという田代さん。ここ最近のヨーロッパでは、男性がVIOの毛を処理することはエチケットのようなところがあるため、抵抗はないのだそうです。

「彼女に頼まれて何度か毛を剃ったことがある」そう。処理したときの感想を聞いてみたところ……。「いつもよりも清潔な感じがしてよかった」とのこと。

実は田代さんは、脱毛意識が高く、ヒゲの脱毛はすでに経験済み。脱毛サロンの門を始めて叩いたのは26才のときで、以後2年ほどヒゲの脱毛に通い続けた結果 “つるピカ肌” に。5年経った今もつるつるです。

【本音を聞かせて、田代さん!】

Q. どうしてヒゲ脱毛しようと思ったのですか?

「毎日ヒゲを剃るのが面倒くさい、というのが一番大きな理由です。それから剃った後に残る青ひげが個人的に好きではないので、脱毛しました」

Q. 痛みはどうでしたか?

「想像していたよりは痛くありませんでした。でもそれでも、痛いものは痛いです(笑)。特に鼻の下の部分にレーザー照射されるときがすごく痛い!

Q. 脱毛して良かったこと・悪かったことを教えてください

「良かったことは、毎日ヒゲを剃らなくて済む! もう、これにつきますね。悪かったことは、思い当たらないかな」

Q. 「またヒゲが欲しい」と思うことはないですか?

「全く思わないですね。自分はヒゲが似合わない顔だと思っているので、ヒゲが欲しいと思うことは当分ないと思います」

【ハイジ男子になりたい願望はあるのか】

ヒゲの脱毛をしたなら、次はVIOの脱毛も……と思うのですが、そのへんはどうなんでしょうか?

田代さんにVIOの永久脱毛をしてハイジ男子になりたいかどうか尋ねてみたところ、次のような答えが返ってまいりました。

「うーん、VIOの永久脱毛って、正直ヒゲほどのメリットは感じないんですよね。あと、処理してる男性自体が少ないから、銭湯とかで他の人の目線が気になりますね……」

「タダならやりたいかな。痛みはヒゲよりは痛くないだろうし」

ふふふ、甘いわね田代さん。ヒゲがどのくらい痛いのかは想像がつきませんが、VIO脱毛も、場所によってはなかなかの痛みを伴いますわよ!(経験者は語る)

とにもかくにも、貴重な本音、ありがとうございました!

参照元:プレスリリース
画像=(c)Pouch
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

脱毛をしている「ハイジ男子」が急増中らしけど / 男性「見たことない」女性「プレッシャーになる」など様々な反応が


今や女性の間ではメジャー級の脱毛法、ブラジリアンワックス。温めたワックスを肌に塗ってはがすだけで、毛はもちろん角質まで一気に取れてツルツルになるこの施術、数年前からわたしも常連。初回こそ痛みに身もだえるものの、次第に慣れてきて、あの刺激が爽快になってくるんですよね♪

このブラジリアンワックスが、現在一部の男性の間でじわじわ流行ってきている模様。アンダーヘア(VIOゾーン)を永久脱毛した女性のことを “ハイジニーナ” と呼びますが、これにちなんで同様に処理している男性のことを “ハイジ男子” と呼ぶのだそう。

2017年10月21日に日本テレビ系番組『マツコ会議』でも取り上げられ、男性客層のメインは30代から40代の普通のサラリーマンとのことでした。

【「ハイジ男子」にザワめくツイッターの人々】

そんなハイジ男子を取り上げた『マツコ会議』はまたたく間に話題となって、ツイッターにもコメントが殺到。

「言葉の意味を知って衝撃」「ペーターみたいな感じの木こり族しか思い浮かばなかった」と戸惑う声、一方で「うちの旦那は脱毛してる」「世の中の男性はみんなハイジ男子になってくれ」といった肯定的な声もありました。

男性からも「僕も目指そうとけっこう真剣に考えてます」という意見が挙がっていて、抱く印象は人によってさまざまなようです。

【個人的には「ハイジ男子」アリだと思います~】

わたしの経験上、ブラジリアンワックスについて話すと「やりたい!」と前のめりになる男友達も少なくなかったので、増加傾向にあるというのは納得できます。毛がないことの快適さを身をもって知っている身としては、「興味がある人はやってみればいい!」と思いますよ~。清潔感もあるし、ハイジ男性、大いにアリです♪

【編集部は「してほしくない」派が優勢?】

しかし Pouch 編集部の面々に「ハイジ男子をどう思うか」尋ねてみたところ、肯定的な意見は少なめでした。

「しなくていいけど、職業的に仕方ないならいいかなって思う」「毛深いのがコンプレックスだったらやればいいって思う」といった、「やらざるをえないならやればいいけど、ホントはしてほしくない」派。

そして「毛深い男性が好きだからしないでほしいよ」という、正直すぎる声。さらには「男性が脱毛するとなると、女性の脱毛意識をさらに高めなくてはいけないのであんまりやらないで!」という悲痛な叫びも。まあ、男性の脱毛文化がさほど浸透してこなかった日本においては、こういった意見が出てくるのも仕方のないことなのかもしれませんねぇ……。

【銭湯好き「ハイジ男子を見かけたことはない」】

ちなみに、銭湯にほぼ毎日行くという編集部男性に「VIOの毛を脱毛している人を見かけたことがあるか」と尋ねてみたところ、「見たことがない。たぶん、いないと思う」という答えが返ってまいりました。

わたしの周囲にも、知っているかぎり、ハイジ男子は1人もいません。流行っているとはいえ、女性の脱毛法のようにメジャー級な存在になるまでには、まだまだ時間が必要なのかもしれませんね……!

参照元:マツコ会議YouTubeTwitter検索 ハイジ男子
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら