黒柳徹子さんがバッグの中身を大公開! キラキラなケータイやパンダグッズなど乙女らしさ全開です!!


日本のテレビ創世期から常に第一線で活躍を続ける女優・黒柳徹子さん。2016年9月にはインスタグラムをスタートさせるなど、幅広い世代から人気を誇り、いまやすっかりインフルエンサーでもあります。

そんな黒柳さんが、動画配信サービス「VOGUE VIDEOS」の人気シリーズ「In The Bag」日本版でバッグの中身を大公開! 私物を紹介しているのですが……どれもこれも可愛すぎる~っ!!

愛してやまないパンダグッズにキラキラ小物、メイクアイテムなど皆さんも一緒にのぞいてみない?

【黒柳徹子さんのバッグの中身を拝見!】

動画を再生すると、おなじみのタマネギヘアにクリーム色のゴージャスなブラウスを身につけた黒柳徹子さんが登場。横長の大きなショルダーバッグを開けて、中身をテーブルにドサーッと出していきます。さてさて、どんなアイテムを見せてくれるんでしょうか……?

【キュートなパンダグッズ】

日本パンダ保護協会名誉会長も務めるなど人一倍パンダ愛の強い黒柳さん。パンダの写真のポストカード、パンダのクリップ、パンダのケータイストラップなど身の回りもたくさんのパンダグッズで囲まれているようです。

【お財布はあのハイブランド】

お財布はちょっと意外(?)なルイ・ヴィトン。表面はオーソドックスなモノグラムですが、開くと赤の派手なプリントが現れるというオシャレさです。「あんまりブランド物は持ってないんですけど、これは色が可愛いので」とのこと。

【衝撃! スマホの待ち受け画面は…?】

スマホの待ち受け画面もその人のこだわりが現れる部分。「誰かが美輪明宏さんをスマホ待ち受けにしているといいことがあるって言うので。あたしを待ち受けにしてるといいことがあるって人もいたの。あたしが自分の中に入れたのはコレ」と、見せた画面には、美輪さんと黒柳さんのツーショット画像が……!

いいことあるどころか、ものすごいご利益がありそう! この画像、配布してもらえないでしょうか……!!

【動画からあふれ出る黒柳さんの魅力】

このほか、とっても繊細な刺繍のハンカチや、つけまつげを入れるハート型のコンパクトなど、とにかくどれをとっても私物が可愛いこと可愛いこと! 年を重ねても乙女心を忘れないキュートな黒柳さんには、動画を通して多くの人が魅了されることでしょう。皆さんも参照元からぜひチェックしてみて!

動画の中で「こないだ何かを読んでいたら、キラキラしたものを持ってる人を軽蔑しちゃいけないって書いてあったわよ」とサラリと言っていた黒柳さん。偏りのないフラットな視線を持つこと。それが黒柳さんの大きな魅力であり、バッグの中身や自身の話からあふれ出ているように感じられます。

参照元:VOGUE JAPANPR TIMES
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【違和感ゼロ】ジュリ扇を振るブルゾンちえみ!! 80年代バブルを追体験したブルゾンちえみwithBの様子をご覧ください


2017年、キャリアウーマンネタで大ブレイク。現在、バラエティ番組に引っ張りだこで女優デビューも決定したお笑いタレントのブルゾンちえみさん

彼女がブリリアン(with B)とともに、1980年代バブルを追体験したらどうなる……?

そんなワクワクさせられる特集企画が、女性ファッション誌『VOGUE JAPAN』5月号に登場! バブルカルチャーとブルゾンちえみ(with B)、どちらも強すぎる個性を持っているだけに、これはすごい化学反応を起こしちゃいそう!!

【80年代バブル×ブルゾンちえみ】

『VOGUE JAPAN』5月号では、90年代生まれのヴォーグのアシスタントエディターが80年代バブルを追体験するという特集を企画。

その一環として、ブルゾンちえみさんがディスコのお立ち台で踊ったり、貸切リムジンでのナイトクルーズを楽しんだりする姿を見せています。

カッチリしたバーガンディのジャケットを着こなし、ジュリ扇を振るブルゾンちえみさん、リムジンの車内でガールズたちとシャンパンで乾杯するブルゾンちえみさん……どれもめちゃくちゃハマっててカッコよすぎ!

【スペシャルムービーも公開中】

また、女らしさを表現するポイントや、ファッション・メイクについて答えるスペシャルムービーも『VOGUE JAPAN』のウェブサイトに公開中。

「お立ち台に立つ、人を上から見下ろすというのは乗ってみないとわかんない。女には必要ですね、ときに」「口を少しだけ開けるのを女らしさのポイントにしてる。目線は2キロくらい先を見てます」など、今回も彼女ならではのちえみ語録が炸裂しています。

【『VOGUE JAPAN』5月号は本日発売!】

『VOGUE JAPAN』5月号は3月28日(火)発売。いつもとはひと味ちがう、バブルなブルゾンちえみさんを見たい人はぜひとも手にとってみて。バブルの時代を知っている人も知らない人も、あのキラキラ感を自分も体験してみたくなっちゃうかも!

参照元:VOGUE JAPANプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら