着物とYシャツが融合した「振袖Yシャツ」が爆誕! たもとが長いデザインが艶やかでエレガントです

着物とYシャツ。“身にまとうもの” 以外、特に共通点がないように思えるアイテムが、なぜだかドッキング。「振袖Yシャツ」として、ヴィレッジヴァンガードのオンラインショッピングサイト「ヴィレヴァン通販」にて予約注文を受け付けています。

人気イラストレーター・紅木春(あかぎしゅん)さんのイラストを、忠実に再現。Yシャツの袖部分に、振袖さながら長~い “袂(たもと)” が施された、他に類を見ない1品です。

【デザイナー・紅木さんのイラストに込めた思い】

紅木さんいわく、こちらの振袖Yシャツは「和洋折衷な衣装をデザインしたい、という思いで描きました」とのこと。

「いつの日か日常的に、気軽に和服を楽しめるようになったなら」といった思いを込めて、イラストを描いたのだそうです。

【着物を着ると、自然と所作が優雅になる(気がする)】

ほとんどの人は洋服で生活していて、和服を着る機会はあまりないと思いますが、着物生活によって得るものは大きいのだと、わたしは身をもって感じたことがあります。

19歳から20歳くらいのころ、わたしはアルバイト先の制服として着物を着る生活をしていました。1週間のうち4日ほど出勤していたこともあって、手を伸ばすときは着物の袖を汚さないよう、袂(たもと)に手を添えるクセがついていました。

それがなかなか抜けず、洋服を着ていても、ない袂を押さえては恥ずかしさで頬を赤らめていたものです。

しかしある日、このクセを「優雅でいい」とほめてもらえたことから、着物の所作の優美さを実感。「袂がある」というのはある意味不自由なことですが、不自由さがあるからこそ動きがゆったりとして、品や色気にもつながるような気がしているんです。

【振袖Yシャツ、ありかも♪】

そんなことを、紅木さんの振袖Yシャツを見てふと思い出しました。このシャツを着たら、いつもより優雅に振る舞えそうな予感がします♪

参照元:プレスリリースヴィレヴァン通販
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

透けないと思っていたのに…白シャツの下に白色のTシャツは目立つことが判明しました

気温がどんどん上がるこの頃、上着を脱いだYシャツ姿のビジネスマンの姿をたくさん見かけます。

スーツ姿も素敵だけれど、Yシャツ姿も負けず劣らずカッコいい。シャツを腕まくりしてたら、なおのこと良し♡ わたしは常々そう思って “働くオトコたち” を眺めているわけなのですが、インナーの半そでシャツが透けて見えちゃってると、ちょびっと残念な気持ちになってしまうのです。

だからといって素肌に着たら汗で透けてしまいそうだし、それはそれで問題アリアリ。こういうときは、いったいどんなインナーを着用するのがベストなんでしょうね?

【約7割がインナーが透けている】

参考にするのは、ユニクロが行った「ビジネスマンの夏の服装印象調査」。協力したのはフジテレビ系人気番組『ホンマでっか!? TV』にも出演中の印象行動学の専門家・重太みゆきさんと、重田さんがゼミ教授を務める亜細亜大学経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科「MYK」のメンバーです。

調査によると、街ゆくビジネスマン1044人中、約7割(70.2%)が、Yシャツの下のインナーが透けて見えている事が明らかに。

【9割以上の人が「インナーが透けていない」ほうを支持】

続いて、さまざまな年代の男女に「半そでインナーがYシャツから一切透けて見えない」Aの写真と「完全に透けて見える」Bの写真、双方の印象を尋ねてみたところ、全体の96.1%がインナーが透けていないほうを選んでいたそう。

年代別で見ると、20代から30代は49人中49人(つまり全員)、40代から50代は16人中15人(93.8%)、60代から70代は11人中9人(81.8%)が「インナーが透けていない男性」の方が印象が良いと回答したそうです。

【厳しいお答えが続々】

また、シャツが透けている人の印象についての質問には「野暮ったい」 「仕事できなさそう」 「いつも汗をかいてそう」と厳しい回答が。

一方で、透けていない人の印象は「イケメン」 「気遣いができそう」 「エリート」 「若々しい」と好印象な回答ばかりだったんですって。まあ……そうなっちゃうでしょうねぇ。

【インナーにはベージュカラーをチョイスすべし!】

重田さんいわく、「シンプルな服装になるほどちょっとしたことが印象を大きく左右する」「パッと見の印象はバストアップの範囲で決まる」「できる男に見せたかったら、首回り・足首周り・手首回りの3首周辺の印象を極めるべし」、とのこと。

夏は日焼けなどで肌の色が黒くなってしまうので、白いシャツを着ると顔色が映えて印象アップできるそう。また、白いシャツのインナーは、白いものだと透けが目立ってしまうので、ベージュなどの目立たない色を選ぶのがポイントなのだそうですよ。

なるほど、女性のわたしたちも、夏はベージュのインナーを大活躍させているものね! とはいえ「男性用のベージュのインナー」と聞くと、おじいちゃんが着ていそうなものをイメージしがち。

けれどもユニクロの「エアリズム」のほか、ベージュだけどおじいちゃんぽさが無いインナーも市場には出回っています。愛するパートナーが「インナー透け問題」に悩んでいたら、おススメするのもありかもね♡

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら