よなよなエールが作った「先輩風を吹かす装置」が謎すぎる / AIが会話の内容を検知して先輩風を吹かすたびに後ろから風が吹くよ

よなよなエールがこの夏からスタートさせたのは、社会人のための飲み会平和化プロジェクト「チーム “ビール” ディング」。

「後輩を飲みに誘うのはパワハラなのか」「先輩と飲みに行っても何を話せばいいのかわからない」といったさまざまな悩みを解決して平和な飲み会を実現しようというプロジェクトらしく、目指すは “NOハラスメント、MOREコミュニケーション” !

その第1弾として製作されたのが「先輩風壱号」という装置。“先輩風を吹かせる会話”を始めると、AIがキーワード・音声・感情を認識してファンから風が吹いて先輩風を実体化してくれるというのだからすごいっ。

「俺が若い頃は~」といった “先輩風発言” をするたびに後ろからぶぉ~~~んと風が吹く仕組みとなっているため、先輩の話が全く頭に入ってこなさそうなんですよね。

【なにこのオモシロ装置】

椅子の後部には左右に3つずつ扇風機が設置されていて、座った姿はまるで “雷様”

この時点ですでに画的に面白いわけなのですが、風が吹くと5割り増しで面白くなるから最高! よなよなエールが一体どこに向かっているのか若干心配になりますが、同時にもっと好きになっちゃうので、これだけで大発明品と言えましょう。

【みんなが笑顔になれそうです】

風がぶぉ~~~んと吹くことで先輩自身が「あれ、ひょっとしたらオレ(先輩風)吹かせちゃってるかも?」と気づくきっかけにもなるので、おのずと自粛モードに。

また風が吹くたびその場にいる全員が「あっ、今吹かせたぞ!」と体で感じることができるため、自然と笑みがこぼれるなど、イイコト尽くめに思えるこの装置。

「近頃の若いやつは~」「あのときはヤバかった~」といった “先輩風ワード” を検出するほか、先輩の全発言内容をAIで解析してパーソナリティを測定。さらには音声をも波形解析して、声にこめられた感情まで測定してくれるそうで、技術の無駄遣いがすごい!(すみません)

先輩風(SENPAI Wind)は、感知したサインの強さによって弱風・中風・強風と変化するため、強めに吹いたときのオモシロさはきっと格別です。

【会話に困らない「無礼講ースター」なる発明品も】

この「先輩風壱号」は、2018年8月3日から17日までの期間限定で「YONA YONA BEER WORKS」赤坂店で実際に体験することもできる(*要予約)らしく、興味のある方は先輩を誘ってみるといいかも!?

また「チーム “ビール” ディング」は、飲み会のときの会話に困らない「無礼講ースター」というコースターも発明しておりまして、こちらは「YONA YONA BEER WORKS」全店で体験することができるようです。

親が「テーマコースター」を引き、そこに書かれた質問に対して、イエスかノーか回答。親が答える前に他の人は「YES / NO コースター」で親の回答を予想して、なぜそう思ったのか理由を話していくというシンプルなゲームなので、職場の飲み会以外でも活躍してくれそう!

「先輩風壱号」同様「無礼講ースター」も8月17日までの期間限定サービスのようなので、今すぐお店にダッシュしましょう☆

参照元:よなよなエール、YouTube[1][2]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

よなよなエール公式ビアバルが新宿東口にオープン! 「水曜日のネコ」や「インドの青鬼」など10種以上のクラフトビールとローストチキンが名物だよ♪

長野のクラフトビールメーカー、ヤッホーブルーイング。看板商品といえば「よなよなエール」ですが、この公式ビアバルが3月22日、新宿東口にオープン!

「YONA YONA BEER WORKS 新宿東口店」ではよなよなエールはもちろんのこと、「水曜日のネコ」や「インドの青鬼」などヤッホーブルーイングの最も多くの種類のクラフトビールを味わうことができるんです!

しかもクラフトビールを使ったオリジナリティあふれる料理も多いそうで……これはふらっと立ち寄りたくなっちゃいそう♡

【ヤッホーブルーイングのビールがズラリ】


「YONA YONA BEER WORKS 新宿東口店」で飲めるのは、「よなよなエール」をはじめ「インドの青鬼」、「東京ブラック」、「水曜日のネコ」、「ハレの日仙人」など、ヤッホーブルーイングが現在製造しているクラフトビール10種類以上! 3種類飲み比べセットなんかもあるみたいです。

またシーズンごとに、ここだけでしか味わうことができない限定醸造ビールもメニューにのぼるそう!

【ローストチキンにビール味のアイス!?】


クラフトビールとの相性とオリジナリティこだわった料理も同店の特徴。なかでも福島県産の伊達鶏を使用したオリジナルの「ローストチキン」はぜひとも食べたい逸品です。外はパリッと、中はジューシーでビールが進む、進む~っ!!

ハーブやスパイスなどを使用した20種類のオリジナルソーセージや「よなよなエール」に漬け込んだステーキサイズの豚の生姜焼き、長野産そば粉に「よなよなエール」を練り込んだ生地を使ったガレットピザなどもおすすめです。

さらに、デザートに「よなよなエール」と「東京ブラック」のそれぞれ2種類の味のオリジナルアイスクリームもあるんだとか。ビール味のアイスってどんな感じか気になる〜。

【場所は新宿ビックロ裏だよ!】

「YONA YONA BEER WORKS」は青山や赤坂にも店舗がありますが、新宿東口店の良さはなんといっても便利な立地! ビックロ裏と駅からも近いので、会社帰りやショッピング帰りに気軽に一杯……なんて使い方もできそうです。

春は歓送迎会や女子会などが増える季節。「どこかいいお店ないかな?」とお探しの方は候補先のひとつにしてみては?

参照元:よなよなビアワークスプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら

よなよなエール公式ビアバルが新宿東口にオープン! 「水曜日のネコ」や「インドの青鬼」など10種以上のクラフトビールとローストチキンが名物だよ♪

長野のクラフトビールメーカー、ヤッホーブルーイング。看板商品といえば「よなよなエール」ですが、この公式ビアバルが3月22日、新宿東口にオープン!

「YONA YONA BEER WORKS 新宿東口店」ではよなよなエールはもちろんのこと、「水曜日のネコ」や「インドの青鬼」などヤッホーブルーイングの最も多くの種類のクラフトビールを味わうことができるんです!

しかもクラフトビールを使ったオリジナリティあふれる料理も多いそうで……これはふらっと立ち寄りたくなっちゃいそう♡

【ヤッホーブルーイングのビールがズラリ】


「YONA YONA BEER WORKS 新宿東口店」で飲めるのは、「よなよなエール」をはじめ「インドの青鬼」、「東京ブラック」、「水曜日のネコ」、「ハレの日仙人」など、ヤッホーブルーイングが現在製造しているクラフトビール10種類以上! 3種類飲み比べセットなんかもあるみたいです。

またシーズンごとに、ここだけでしか味わうことができない限定醸造ビールもメニューにのぼるそう!

【ローストチキンにビール味のアイス!?】


クラフトビールとの相性とオリジナリティこだわった料理も同店の特徴。なかでも福島県産の伊達鶏を使用したオリジナルの「ローストチキン」はぜひとも食べたい逸品です。外はパリッと、中はジューシーでビールが進む、進む~っ!!

ハーブやスパイスなどを使用した20種類のオリジナルソーセージや「よなよなエール」に漬け込んだステーキサイズの豚の生姜焼き、長野産そば粉に「よなよなエール」を練り込んだ生地を使ったガレットピザなどもおすすめです。

さらに、デザートに「よなよなエール」と「東京ブラック」のそれぞれ2種類の味のオリジナルアイスクリームもあるんだとか。ビール味のアイスってどんな感じか気になる〜。

【場所は新宿ビックロ裏だよ!】

「YONA YONA BEER WORKS」は青山や赤坂にも店舗がありますが、新宿東口店の良さはなんといっても便利な立地! ビックロ裏と駅からも近いので、会社帰りやショッピング帰りに気軽に一杯……なんて使い方もできそうです。

春は歓送迎会や女子会などが増える季節。「どこかいいお店ないかな?」とお探しの方は候補先のひとつにしてみては?

参照元:よなよなビアワークスプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら

よなよなエール公式ビアバルが新宿東口にオープン! 「水曜日のネコ」や「インドの青鬼」など10種以上のクラフトビールとローストチキンが名物だよ♪

長野のクラフトビールメーカー、ヤッホーブルーイング。看板商品といえば「よなよなエール」ですが、この公式ビアバルが3月22日、新宿東口にオープン!

「YONA YONA BEER WORKS 新宿東口店」ではよなよなエールはもちろんのこと、「水曜日のネコ」や「インドの青鬼」などヤッホーブルーイングの最も多くの種類のクラフトビールを味わうことができるんです!

しかもクラフトビールを使ったオリジナリティあふれる料理も多いそうで……これはふらっと立ち寄りたくなっちゃいそう♡

【ヤッホーブルーイングのビールがズラリ】


「YONA YONA BEER WORKS 新宿東口店」で飲めるのは、「よなよなエール」をはじめ「インドの青鬼」、「東京ブラック」、「水曜日のネコ」、「ハレの日仙人」など、ヤッホーブルーイングが現在製造しているクラフトビール10種類以上! 3種類飲み比べセットなんかもあるみたいです。

またシーズンごとに、ここだけでしか味わうことができない限定醸造ビールもメニューにのぼるそう!

【ローストチキンにビール味のアイス!?】


クラフトビールとの相性とオリジナリティこだわった料理も同店の特徴。なかでも福島県産の伊達鶏を使用したオリジナルの「ローストチキン」はぜひとも食べたい逸品です。外はパリッと、中はジューシーでビールが進む、進む~っ!!

ハーブやスパイスなどを使用した20種類のオリジナルソーセージや「よなよなエール」に漬け込んだステーキサイズの豚の生姜焼き、長野産そば粉に「よなよなエール」を練り込んだ生地を使ったガレットピザなどもおすすめです。

さらに、デザートに「よなよなエール」と「東京ブラック」のそれぞれ2種類の味のオリジナルアイスクリームもあるんだとか。ビール味のアイスってどんな感じか気になる〜。

【場所は新宿ビックロ裏だよ!】

「YONA YONA BEER WORKS」は青山や赤坂にも店舗がありますが、新宿東口店の良さはなんといっても便利な立地! ビックロ裏と駅からも近いので、会社帰りやショッピング帰りに気軽に一杯……なんて使い方もできそうです。

春は歓送迎会や女子会などが増える季節。「どこかいいお店ないかな?」とお探しの方は候補先のひとつにしてみては?

参照元:よなよなビアワークスプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら